menu

大阪・神戸・京都のエアコンクリーニング専門店

エアコン水漏れ
原因と解決策

エアコンが水漏れして一大事!

なぜエアコンから水が漏れるのか?エアコンと水との因果関係は?原因と解決方法は?
詳しくはこのページをご覧ください

>> このページの目次 <<

 

エアコン水漏れ最大原因

エアコンの底面から水漏れ!それも、バケツで受けないとダメなほどポタッ、ポタッとエアコンから水が落ちる!こんな経験はありませんか?いったい何が原因でエアコンが水漏れするのでしょうか?

エアコンの水漏れの原因はいろいろと考えられます。エアコンの部品の破損などが水漏れの原因となることもありますが、最大の原因はエアコンの汚れです。エアコンの汚れがどのようにして水漏れを引き起こしてしまうのか?を説明して行きますが、その前に、エアコンと水との関係について少し触れさせてください。

水漏れをしている状態でエアコンを継続して使用すると、エアコンの真下や周辺の壁や家具、家電製品を傷める可能性があります。エアコンのご使用はお控えいただくのが賢明だと思います。

このページでは、エアコンの水漏れについて掘り下げてみます。エアコンの吹出し口から水が飛ぶことについての原因と解決策は水が飛ぶエアコンの原因と解決策を用意していますのでご参照ください。

エアコンと水との関係

水がなけりゃあ、エアコンじゃない!

そもそも、エアコンの水はどこからやってくるのでしょうか?「エアコンと水とはまったくの無関係じゃないの?」って思っていませんか?いやいや、実は、大いに関係しています。エアコンと水とは切っても切り離せない関係なのです。エアコンが冷房・暖房の機能を発揮するには水は必需品、「水がなけりゃあ、エアコンじゃない!」と言い切れるものです。

夏シーズン、冷房の場合でくわしく説明します。夏、ギンギンに冷えた風がエアコンからでてきます。とっても気持ち良い冷えた風。この風は、部屋の温かい空気をエアコンが吸込み、エアコンの中で温かい空気を冷たい空気へと変換させて、冷たい風として吹き出しているのです。これがエアコンの空気の温度変化の流れです。

この過程のなかにある「温かい空気を、エアコンの中で冷たい空気へと変換する」ことと水とがおおいに関係しているのです。実は、温かい空気を冷たい空気へと変換するときに水が発生するのです。

イメージは、ギンギンに冷えたグラスの結露

結露のしくみ

これだけだとイメージしにくいので、エアコンからは少し離れたケースで例えます。
ふたたび夏のシーズン。真夏の暑い日、テーブルにグラスがあるとします。あふれんばかりの氷と水が入っているギンギンに冷えたグラス。温かい風がギンギンに冷えたグラスを駆け抜けようとすると、風は冷たくなって通り抜けていきます。つまりは、温かい風が冷たい風になります。いっぽう、氷と水が入っているグラスは水滴に包まれています。いわゆる結露の状態です。「温かい空気をエアコンの中で冷たい空気へと変換する」エアコンの中では、この結露の状態が発生しています。ちなみに、結露の水が落ちたテーブルは濡れています。

氷水が入ったギンギンに冷えたグラスを具体的にエアコンに置き換えると、
 グラス  → 熱交換器
 氷水   → 冷媒ガス
 テーブル → ドレンパン
という場所にあたります。エアコンと水とは切っても切り離せない関係であることの一例です。

冷房だけでなく、暖房でもエアコンから水!

エアコンと水との関係についてイメージいただけたでしょうか?ここまでは、エアコンと水との関係について、冷房のときの室内機を例として説明してきました。冷房運転するエアコン室内機の中では水が発生しているのです。

ちなみに、暖房のときもエアコンは水を発生させているのです。ただし、暖房時に水を発生させるのは室外機。冬場の室外機の配管からチョロチョロと水がでているのを見たことはありませんか?実は、エアコンの室内機と室外機は表と裏の関係で成り立っています。冷房のときの室内機の働きを、暖房のときの室外機が同じように行っているのです。

以上が、エアコンがエアコンとして機能するには水は付き物、「水がなけりゃあ、エアコンじゃない!」と断言する所以です。

エアコンの水の流れ

エアコンの水の流れ

それでは、エアコンの水はどこへ行くのでしょうか?

たとえば図のような壁掛形エアコンの場合、
  ①.表側の熱交換器
  ②.表側のドレンパン
  ③.背面側の熱交換器とドレンパン
  ④.背面側のドレンパンから表側のドレンパンへの傾斜
  ⑤.ドレン配管から屋外へ
との順に水が通過しています。

つまり、エアコンの内部の熱交換器で発生した水は、水を受けるドレンパンに一旦たまり、自然勾配やポンプ(天井カセット形エアコンなどはポンプで水を吸い上げます)を利用し、ドレン配管をつたって屋外へと排水されるのです。

この水の流れは壁掛形エアコンだけのものではなく全てのエアコン共通のシステムです。天井カセット形や天井吊下形、床置形など、各部品の形状や構造が違っていてもあらゆるエアコンに共通の仕組みです。

水の流れを邪魔するエアコンの汚れ

それでは、それぞれの場所に汚れがたまるとどうなるでしょうか?

①.表側の熱交換器 適量を超えるとドレンパンヘ
②.表側のドレンパン 上げ底になり水の許容量が減少、堰どめとなり水がオーバーフロー
③.背面側のドレンパン 上げ底になり水の許容量が減少、堰どめとなり水がオーバーフロー
④.背面側ドレンパンから表側ドレンパンへの傾斜 上げ底になり水の許容量が減少、堰どめとなり水がオーバーフロー
⑤.ドレン配管から屋外へ 排水ができず室内機側へ逆流

というようになります。
水の通り道に邪魔なものがなければ、水は確実に外へと排水されます。しかし残念ながら、時間の経過ととにエアコンには汚れがたまっていきます。汚れによって水の通り道が狭くなったり堰止めされると、水はスムーズに流れなくなります。水を受ける許容量をこえるとオーバーフローし、エアコンの水漏れを起こすのです。

水漏れを起こしかねないエアコンの熱交換器とドレンパンの汚れ

水漏れを起こしかねないエアコンの熱交換器とドレンパンの汚れ

水漏れだけじゃない!汚れが引き起こすエアコンのトラブル

汚れはエアコンのあらゆるトラブルの元凶

水漏れを引き起こすほどに汚れたエアコン。それでは、汚れをそのまま放置したら、エアコンはいったいどうなるのでしょうか?
  エアコンの風量が弱い・風ムラがある
  エアコンの冷房、暖房の効きが悪くなる
  エアコンが水漏れがひどくなる
  エアコンからの異臭がきつくなった
  部品の劣化などによる故障(コンプレッサーなど)
使用状況や環境、時間経過などによって差異があるものの、おおむねこのようなトラブルにつながります。

つまりは、汚れがエアコンのあらゆるトラブルの元凶、だということがお分かりいただけたと思います。

汚れはエアコンのあらゆるトラブルの元凶 エアコンのファンの汚れ

汚れはエアコンのあらゆるトラブルの元凶 エアコンのファンの汚れ

トラブル解決への近道は、エアコンクリーニング!

それでは、トラブルを回避、防止、予防するにはどうすれば良いのでしょうか?

あらゆるトラブルの元凶であるエアコンの汚れを取り除くことです。トラブルを回避、防止、予防するために、エアコンクリーニングをお薦めします。しっかりとした専門業者がエアコンクリーニングを行えば、エアコンのトラブルの解決への近道となり、また、トラブルの予防へとつながります。

 

汚れ原因水漏れするエアコン高圧洗浄解決

大量の水での高圧洗浄でエアコンの汚れを徹底的に除去

エアコンの熱交換器は水を発生させる場所であり、かつ、汚れが付きやすい場所。熱交換器の汚れを除去することがトラブルの解決となり、予防となります。エアコンクリーニングの最大のポイントである熱交換器を高圧洗浄し、徹底的に汚れを除去します。

汚れを見極めて洗浄薬品を使い分け

当社のエアコンクリーニングは汚れを見極めて、エコ洗浄剤から強アルカリ性までの洗浄薬品を使用しています。

また、大量の水で高圧洗浄をしますので、頑固なエアコンの汚れといっしょに洗浄薬品も洗い流します。エアコンの中には汚れも洗浄薬品は残留させません。

高い技術力を持った専門のプロによるエアコンクリーニング

当社、アイエア・コンフォートはエアコンクリーニングの専門店です。
スタッフはエアコンメーカーのサービス部門などで研鑽を積んだ本当のプロです。エアコンのシステムを知り尽くし、メンテナンスに従事したプロがエアコンクリーニングを行います。

メーカーサービスの高い技術力をベースに、独自のノウハウと熱意を積み重ねたエアコンクリーニングを行いますので、安心してお任せいただけます。

また、高い技術力のエアコンクリーニングでどれだけきれいになったのか!は別のページにてご確認いただけます。是非ともご参照ください。

 

汚れだけじゃない。エアコン水漏れ原因

ここまでは、エアコンの水漏れを引き起こす原因が汚れの場合、エアコンをクリーニングすれば解決できることを説明してきました。しかし残念ながら、水漏れの原因は汚れだけではありません。つぎのような原因で水漏れしているならエアコンクリーニングでは解決できません。

部品の亀裂・破損による水漏れ

ドレンパンなどのエアコン内部の水の通り道の部品に亀裂があったり、破損していると、その部分から水漏れが起こります。

このことは、長期間の使用による劣化、いわゆる経年劣化がまず第一に考えられます。また、エアコンのなかに洗浄薬品が残っていることで部品を傷めて劣化させたことも考えられます。これは、業者がエアコンクリーニングで洗浄で薬品を十分に洗い流さなかったことや、最近は簡易なエアコン洗浄スプレーをお客様自身が使用したことなどが考えられます。簡易なエアコン洗浄スプレーはエアコンの内部に洗浄薬品を残留させてしまうものが多いようです。

エアコンの水漏れが部品の亀裂・破損によるものなのか?どうか?は、現場調査や運転動作確認などの作業前ではなかなか判断しづらいです。エアコンクリーニングの作業途中や終了間際になって部品の亀裂・破損による水漏れだとようやく判断できるかどうかの場合もあります。

部品の亀裂・破損によるエアコンの水漏れはクリーニングでは解決できません。エアコンメーカーに相談されることが一番の近道だと思います。

ドレン配管の逆勾配・亀裂による水漏れ

ドレン配管の逆勾配による水漏れ

ドレン配管の逆勾配による水漏れ

ドレン配管の逆勾配による水漏れ

ドレン配管に柔らかい素材であるポリエチレン製のホースを使用しているルームエアコンに多いケース。自由に上下できない塩化ビニルのパイプを配管として用いている業務用のエアコンではあまり見かけません。

水が自然に流れるには、上から下への道が必要です。ドレンホースの道順が上から下へとなっていれば、自然の法則に則って、水は流れ出て行きます。これがドレン配管としての正しい設置状況です。

しかし、道筋の途中でドレンホースが湾曲したり、上下にぐるっと一周したりと、自然の法則に反した道筋になっていることがあります。自然による湾曲や浮き上がったドレンホースが、邪魔になるとか見た目が嫌いなどの理由でヒトが何気なくやってしまうことがあるのです。

このような自然の法則に反した道筋では、水は本来の出口にはたどり着けません。室内機の方へ出口を求めることとなり、つまるところ水漏れとなって出てくるのです。

ルームエアコンの場合なら、一度ドレンホースをチェックしてみてください。お客様ご自身で簡単に手直しできる可能性があります。「室内からのホースを上側」を意識してホースの上下を直してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、設置状況によってはドレン配管をきちんと工事し直した方がよい場合があります。当社にて修理として承ります。ぜひお問い合わせください。

ドレン配管の最終出口

ドレン配管の最終出口がふさがっていると、エアコン室内機で発生した水は出口を失い、室内機側へと逆流して水漏れを起こします。

このドレン配管の最終出口がふさがるという状況は、知らない間に作られてしまうことがあります。エアコンの汚れがまっさきに考えられますが、それ以外にも土や枯葉、泥、水たまりなどがドレンの最終出口をふさいでいることがあります。水漏れを起こす環境が気づかないうちにできてしまっているのです。

一度ドレン配管をチェックしてみてください。お客様ご自身で簡単に解決できる可能性があります。ドレン配管の出口が土や枯葉、泥、水たまりなどでふさがっている場合、出口周辺を掃除してみてはいかがでしょうか。

ドレン配管と冷媒配管の亀裂による水漏れ

ドレン配管の亀裂や劣化によるエアコンの水漏れ

ドレン配管の亀裂や劣化によるエアコンの水漏れ

亀裂や破損によってドレン配管に穴があき、そこから水漏れが起こることがあります。

先日、厨房用のエアコンをクリーニングしたとき、天井裏にあるドレン配管をネズミがかじって穴があき、水漏れを起こしていたことを発見したことがありました。

また、配管自体に亀裂がなくても配管が水漏れを起こすこともあります。屋外の雨が配管をつたって室内機側へ漏れ出ることがあるのです。室内機と室外機とはドレン配管と冷媒配管という配管でつながっていて、配管の一部分は屋外を通っています。屋外に出ているこの配管は紫外線や雨風のダメージから守るためにテープで保護されています。テープで保護されているので雨が降っても配管のなかに水は入ってきませんが、長年経過したテープは紫外線や雨風のダメージを受けてボロボロになっていることがあります。ボロボロに劣化したテープの隙間に雨が入ると、配管をつたって室内機側へ水が漏れ出ることにつながるのです。このようなことは、室内機より室外機が高い場所、たとえば屋上などに設置されているケースで稀に見受けられます。

エアコンの水漏れが配管の亀裂によるものなのか?どうか?は、現場調査や運転動作確認などの作業前ではなかなか判断しづらいです。エアコンクリーニングの作業途中や終了間際になって配管の亀裂による水漏れだとようやく判断できるかどうかの場合があります。また、水漏れを起こす状況でない、たとえば雨が降っていない状況で作業した場合には水漏れの原因がまったく分からないことがあります。

部品の亀裂・破損によるエアコンの水漏れはクリーニングでは解決できません。当社で対応できることもありますが、エアコンメーカーに相談されることも一つの方法だと思います。

室内機側の冷媒配管の銅管部分が露出

冷媒配管は全体にわたって、断熱と結露防止のためのカバーが施されています。しかし、まれに断熱・結露防止用のカバーが外れていることがあります。銅製の冷媒配管が露出してしまっているのです。このような場合では、配管についた結露水が、配管を伝って室内機側へ流れる可能性があります。冷媒配管の補修が必要です。

背面側の熱交換器・ドレンパンに汚れが集中している ― 壁掛形エアコンの場合

壁掛形エアコンの背面側の熱交換器

壁掛形エアコンの背面側の熱交換器

先に当社では、エアコン室内機の中の汚れを大量の水での高圧洗浄で徹底的に除去すると申しました。しかし残念ながら、一部の壁掛形エアコンのある場所に汚れがあると取り除けないことがあります。

壁掛形エアコンのある場所とは、背面側の熱交換器とドレンパンのことです。分かりづらいので少し説明させていただきます。

壁掛形エアコンを横から見ると熱交換器は山の形をしています(先ほどの図「壁掛形エアコンの水の流れ」の➂をご参照ください)。 山の形をした熱交換器は頂点を境に表面側と背面側とに斜面を形成しています。表面側の熱交換器はフィルターのすぐ後ろにあるアルミフィンを指します。かたや、もう一方の熱交換器は壁側へと下っていきます。これが背面側の熱交換器です。そして、背面側の熱交換器の下には水を受けるドレンパンがあります。

実は、この背面側の熱交換器とドレンパン、機種の形状や設置環境によってはまったく作業ができないことがあります。言い換えれば、背面側の熱交換器の周辺はグレーゾーンなのです。

エアコンのケーシング(カバー)が熱交換器の山の頂点から背面側にかけてなく、かつ、エアコン上部と天井面の間に十分な作業スペースがあれば、背面側の熱交換器の汚れは除去できます。しかし、上部にケーシング(カバー)があるエアコンは結構な割合で存在します。このような状況では作業スペースの問題もあり、まったく汚れを落とせないのです。

背面側の熱交換器とドレンパンに水漏れの原因があるかどうかは、作業前の調査(見積り時・試運転時=運転・動作確認)にて分かることもありますが、多くの場合は作業中・作業後に明らかになります。

その他

エアコン本体が傾いている

取付工事や取付の環境の変化などによって、エアコン本体が傾いていると水漏れを起こしてしまう環境になります。ドレンポンプなどの機械を使わずに、エアコンの排水を自然の勾配を利用している壁掛形や天井吊下形などで可能性があります。手で触って調整できるのならいいのですが、安心してエアコンを使用するには工事が必要です。

お客様が抱える問題に真剣に向き合い、解決に向け全力で取り組みます

家庭用から業務用まで幅広くエアコンクリーニングのご依頼いただきます。エアコンの汚れは本当にさまざまです。100台あれば100種類の汚れの状況です。言い換えれば、100人のお客様がいれば100通りのエアコンの問題を抱えていらっしゃるということです。

当社のエアコンクリーニングは、お客様それぞれのエアコンの問題に真正面から向き合い、問題の解決に向けて全力で取り組みます。

時間が来たからと言って一方的にさっさと作業終了する業者、通り一辺倒の浅い作業内容の業者、目に見える部分だけを作業する手抜きの業者などいろんな業者が多いなか、当社のエアコンクリーニングは一歩も二歩も踏み込んだ内容の濃い作業内容です。

重要参照ページ

このページは、エアコンの水漏れの原因と解決策についての内容となっています。
そのほかのエアコンのトラブルの原因と解決策については、

を他のページにて用意しておりますのでご参照ください。

また、このページだけではお伝えきれないこともあります。
気になるページがありましたらご参照ください。

Top