menu

大阪・神戸・京都のエアコンクリーニング専門店

エアコン悪臭
原因と解決策

エアコンから嫌な臭いがしていませんか?湿ったようなカビ臭や生ゴミみたいな悪臭?
タバコの臭い?酸っぱい臭い?

エアコンの悪臭の原因はいったい何でしょうか?原因と解決方法は?
詳しくはこのページをご覧ください

>> このページの目次 <<

 

エアコン悪臭3つ原因

エアコンの悪臭の原因はいろいろとありますが、おもな原因は3つのことが考えられます。
 ①.エアコン室内機の中の汚れ
 ②.エアコンの排水の環境
 ➂.室内の環境

これらが一つもしくは複数にわたって関係し、エアコンの悪臭を引き起こすと考えられます。原因によってエアコンの悪臭問題を解決する方法は異なります。詳しくはこのページをご覧ください。

もちろん、原因は3つのほかにも考えられますが、エアコンの使用環境におおきく関係することや、ごくごく稀なケースだと思いますので、ここでは割愛させていただきます。

臭いについては主観的(感じ方に個人差がある)なモノであることや、原因によっては対応不可の場合もあります。エアコンの悪臭問題につきましては、クリーニングによって「ゼロ」にできるのではなく、「大幅に軽減できる」ものであることをご理解ください。

 

エアコン室内機汚れ悪臭原因

使えば使うほど汚れるエアコン

エアコンは、室内の空気を吸いこみ、風として吹き出すという仕組みで成り立っています。

吸いこむのが空気だけなら良いのですが、目に見えない細かい塵や埃なども空気といっしょに吸い込みます。この塵や埃が積もりに積もると目に見える汚れとなります。

冷房や暖房運転するごとにエアコンは塵や埃を吸い込んでいます。つまり、エアコンを使用すればするほど汚れて行くのです。

使えば使うほど汚れるエアコン 床置形エアコンの熱交換器と壁掛形エアコンのファン

使えば使うほど汚れるエアコン 床置形エアコンの熱交換器と壁掛形エアコンのファン

エアコンの水と汚れが悪臭の原因

エアコンは使用すればするほど汚れるモノであることを先ほどは述べました。しかしながら、実は、汚れだけではエアコンの悪臭の決定打とはならないのです。

たしかに「エアコン内部の汚れが悪臭の原因」これは間違いではありません。しかし、もうひとつ重要な要因が加わってこそ断言できるのです。もうひとつ重要な要因とは「水」です。「水」とは、冷房時にエアコン内部で発生する水のことです。汚れと水とが反応して悪臭を作り出すのです。

単なる汚れだけだと臭いはあまり気にならないけれども、そこに水分がつけば悪臭に大変身してしまうのです。例えるとすれば、めちゃくちゃ汚れた雑巾を想像してみてください。その雑巾が濡れている状態のときは鼻をつまむぐらいの悪臭がしても、干上がるくらいに乾燥しきった状態ではそれほど臭わなくなった、というイメージに近いと思います。

冷房のときのエアコンの室内機内では水が発生します。汚れと水が反応することで悪臭となるのです。逆に、暖房のときでは室内機内では水は発生しません。
暖房シーズンに比べて、冷房シーズンの方が圧倒的に多いエアコンの悪臭のトラブル。このことも、エアコンの汚れと水との関係が悪臭のトラブルを招くことを物語っています。

悪臭の主な種類

カビ臭

エアコンの中はカビ菌(胞子)にとっては住みやすい環境となっています。カビの大好物である水、居心地のよい安定した室温が得られるエアコンの内部は、カビにとっては好環境なのです。カビの繁殖がすすむと目に見える部分はカビ黒くなり、カビ臭という悪臭を発生させます。

エアコンのなかではススカビが多くみられます。

タバコ臭

エアコンはその周辺の生活環境の空気を吸い込んでいます。ヒトがタバコを吸うということは、エアコンもタバコを吸っているということ、そしてタバコの臭いをした風を吹出しているのということです。

悪臭がするエアコンはイエローカード!

汚れはあらゆるエアコンのトラブルの元凶

悪臭を放つエアコン。それでは、元凶であるエアコン内部の汚れをそのまま放置したら、どうなるのでしょうか?
  エアコンの風量が弱い・風ムラがある
  エアコンの冷房、暖房の効きが悪くなる
  エアコンが水漏れしだした
  エアコンからの異臭がきつくなった
  部品の劣化などによる故障(コンプレッサーなど)
使用状況や環境、時間経過などによって差異があるものの、おおむねこのようなトラブルにつながります。

つまりは、汚れがエアコンのあらゆるトラブルの元凶、だということがお分かりいただけたと思います。

汚れはエアコンのあらゆるトラブルの元凶 エアコンのファンの汚れ

汚れはエアコンのあらゆるトラブルの元凶 エアコンのファンの汚れ

エアコンクリーニングがトラブル解決への近道

それでは、トラブルを回避、防止、予防するにはどうすれば良いのでしょうか?

あらゆるトラブルの元凶であるエアコンの汚れを取り除くことです。トラブルを回避、防止、予防するために、エアコンクリーニングをお薦めします。しっかりとした専門業者がエアコンクリーニングを行えば、エアコンのトラブルの解決への近道となり、また、トラブルの予防へとつながります。

 

悪臭原因汚れエアコン高圧洗浄解決

大量の水での高圧洗浄でエアコンの汚れを徹底的に除去

エアコンの熱交換器は水を発生させる場所であり、かつ、汚れが付きやすい場所。熱交換器の汚れを除去することがトラブルの解決となり、予防となります。エアコンクリーニングの最大のポイントである熱交換器を高圧洗浄し、徹底的に汚れを除去します。

汚れを見極めて洗浄薬品を使い分け

当社のエアコンクリーニングは汚れを見極めて、エコ洗浄剤から強アルカリ性までの洗浄薬品を使用しています。

また、大量の水で高圧洗浄をしますので、頑固なエアコンの汚れといっしょに洗浄薬品も洗い流します。エアコンの中には汚れも洗浄薬品は残留させません。

高い技術力を持った専門のプロによるエアコンクリーニング

当社、アイエア・コンフォートはエアコンクリーニングの専門店です。
スタッフはエアコンメーカーのサービス部門などで研鑽を積んだ本当のプロです。エアコンのシステムを知り尽くし、メンテナンスに従事したプロがエアコンクリーニングを行います。

メーカーサービスの高い技術力をベースに、独自のノウハウと熱意を積み重ねたエアコンクリーニングを行いますので、安心してお任せいただけます。

また、高い技術力のエアコンクリーニングでどれだけきれいになったのか!は別のページにてご確認いただけます。是非ともご参照ください。

 

エアコン排水環境悪臭原因になることも!

これまでは、「エアコンの悪臭の3つの原因」のうちの一つの原因、①.エアコンの室内機の中の汚れが悪臭の原因、だということを述べてきました。ここからは、「エアコンの悪臭の3つの原因」の二つ目の原因、エアコンの排水の環境が悪臭をもたらすことについて説明させていただきます。

ドレン配管と悪臭

ドレン配管とは排水する配管のことです。冷房のときにエアコンの室内機の中で発生した水を屋外へ排出する配管です。 ルームエアコンでは柔らかい素材であるポリエチレン製のホース、業務用エアコンでは塩化ビニルのパイプが室内機から屋外へと設置されています。このドレン配管も悪臭に大きく関係していることもあります。

ドレン配管内に悪臭の原因が有る場合

ドレン配管は水を屋外へ排出する配管です。一言でいえば水の通り道です。
新品のエアコンの場合、どこにも汚れは無いのでドレン配管は水だけの通り道です。しかし、時を経るにつれエアコンの中に汚れがたまるようになります。やがて、悪臭を放つほどに汚れがたまってしまった場合、排水の水の流れに応じてドレン配管の中にも汚れがたまるようになります。

ドレン配管のなかに汚れと水とが同居している状況でエアコンを運転すると、エアコンはドレン配管の空気も多少なりとも吸ってしまうので、悪臭を含んだ空気をも吸うこととなります。このことが悪臭を伴った風を吹き出すこととなります。

ドレン配管の出口周辺に悪臭の原因が有る場合

エアコンのなかに悪臭の原因となる汚れがまったく無く、ドレン配管にも原因が見当たらない、たとえば新品のエアコンのようなケースでも悪臭がすることがごくごく稀にあります。何故か? 理由はつぎの通りです。

前述しましたように、ドレン配管は屋外へ水を排出する配管です。いわば水の通り道です。
一方、空気を吸って風を送り出すエアコンなのですが、実は、吸い込む空気は室内のものだけではないのです。エアコンの空気を吸うパワーは想像をはるかに超えるほどあります。先ほどの「ドレン配管内に悪臭の原因が有る場合」にて述べましたように、ドレン配管の空気をも吸ってしまうのです。はたまた、その先のドレン配管の出口周辺の空気までも吸ってしまうことがあるのです。ということは、もし、ドレン配管の出口周辺に悪臭の原因がある場合、エアコンは悪臭のついた空気を吸い込んでしまう可能性があります。

当社の経験から、ドレン配管の出口周辺に悪臭の原因が有る場合に考えられる主なものとしては、
  生ごみ
  汚れの塊
  排水溝
  草木
などです。

 

悪臭原因ドレン配管高圧通水洗浄

当社では、エアコンの室内機をクリーニングするとき、同時にドレン配管にも高圧の水を通して汚れを輩出する「通水洗浄」を行います。ドレン配管の通水洗浄を基本的な作業内容に含んだエアコンクリーニングとなります。また、可能な限りドレン配管の出口周辺もチェックし、悪臭の原因があれば取り除きます。

悪臭の原因が「通水洗浄」で除去できる一般的な汚れであれば、ドレン配管の悪臭問題は改善できます。家庭用のルームエアコンの場合は、「通水洗浄」でほぼ改善できると思います。

業務用エアコンでも「通水洗浄」で悪臭の原因を除去できるような汚れであれば、ドレン配管の悪臭問題は改善できます。しかしながら、業務用エアコンは業種などによって使用環境がまったく異なり、通常の「通水洗浄」だけでは手に負えないケースもあります。特殊な汚れの場合は、オプションとして専用の薬品や機械を駆使しての当社独自の作業をご提案いたします。特殊な汚れとは、おもに、美容・理容室、飲食店の厨房、工場などのエアコンの汚れです。

当社独自のドレンホース洗浄が必要か不必要かは、可能な限り作業前の調査(出張での見積時)にて明らかにさせていただきます。

 

室内環境が悪臭原因

これまでは、「エアコンの悪臭の3つの原因」の二つの原因、①.エアコンの室内機の中の汚れが悪臭の原因、 ②.排水の環境が悪臭の原因、について述べてきました。ここからは、「エアコンの悪臭の3つの原因」の三つ目の原因、「室内の環境の環境が悪臭をもたらす」ことについて説明させていただきます。

エアコンから風がでるシステム

エアコンの風の流れ

エアコンの悪臭と室内の環境との関係を説く前に、先ずはエアコンから風がでてくるシステムを簡単に解明します。

さて、エアコンからでる風は、どこからやってくるのでしょうか?
たとえば、図のような壁掛形エアコンの場合なら、
 ① 吸込み口、フィルター
 ② 熱交換器
 ③ ファン
 ④ 吹出し口 
の順に風が通過して行きます。

つまり、エアコン本体が周辺の室内の空気を吸って、風を吹き出しているのです。ヒトの身体でたとえると、鼻で吸った空気を口で吹くことと同じようなことです。

この風の流れは全てのエアコン共通のシステムです。壁掛形エアコンだけのものではなく、各部品の形状や構造が違っていても、天井カセット形や天井吊下形、床置形など、あらゆるエアコンに共通の仕組みです。

エアコンの悪臭と室内環境との関係

エアコンから風がでてくる仕組みをイメージしていただけたかと思いますので本題の「エアコンの悪臭と室内の環境との関係」の話に戻ります。

室内の空気を吸って、風を吹出すエアコン。吸い込む空気に何も問題なく、エアコン内部にも悪臭の原因となるような汚れがケースでは、エアコンが吹出す風にはまったく臭いはありません。
しかし、吸い込む空気に臭いが付いているケースではどうでしょうか? 実は、臭いが付いた風がでてくるのです。これが、悪臭の原因が室内の環境にもあるということです。

このような環境は一般的なご家庭ではあまり考えられませんが、特殊な環境にある工場や店舗ではよく見受けられます。

また、「悪臭の原因が室内の環境にもある」と断言するには、作業前の調査(見積時・試運転時=運転・動作確認)にて判明することもありますが、作業の途中や作業完了後に明らかになることが多いです。

天井裏と壁裏と悪臭

さきほど、エアコンの悪臭と室内環境との関係について述べました。悪臭をもった室内の空気を吸込んでしまうエアコンが悪臭の風を吹出す、というシステム。実は、ここでいう室内の空気とはお部屋の空気だけではないのです。天井裏や壁裏などの空間の空気を吸ってしまうことがあります。

どういうことなのか?を天井カセット形エアコンの場合を例としてあげます。天井カセット形エアコンの本体の大部分は天井裏の空間に収まるよう設置されています。天井裏では筐体という箱のなかにエアコンの部品が収まっているのですが、完全に密閉されているわけではありません。工事やメンテナンスのために若干の隙間が存在します。エアコンを運転すると、この隙間から天井裏の空気を吸ってしまうことがあるのです。

過去に、悪臭の原因を探っていると、天井裏に通じた下水路水の臭いをエアコンが吸っていたという事例に遭遇しました。

また壁裏の空間の空気を吸ってしまうことがあると考えられるのが、壁掛形エアコンです。壁掛形エアコンの場合、室内機と室外機とを冷媒やドレンの配管でつなげるために壁に穴をあける工事を行います。壁穴をあけると室内側の壁と外壁の間の空間が露呈されます。エアコンを運転するとこの空間の空気を吸ってしまうことがあります。建築用の接着剤や建材などの臭いを含んでいることがあります。

天井裏や壁裏と悪臭との関係についてはすべてのエアコンに当てはまるものではなく、ごくごく稀なケースだと思います。 設置環境や建築の環境などに大きく左右されるものであるとご理解ください。

室内環境に悪臭の原因がある場合の解決策

悪臭の原因がエアコンにはなく、室内の環境にもある場合、残念ながら、クリーニングでは解決できません。たいへん申し訳ございませんが、室内環境の改善の専門家へ解決を委ねることをお薦めします。

 

エアコン悪臭・・・クリーニングでは解決できない事例

臭いが染みついた部品・電装基板周辺

エアコン内部にはさまざまな部品があり、それぞれはいろんなな素材でできています。それらの部品のうち、断熱材やパッキンなどの部品に臭いが染み付いている場合、どれだけエアコンを徹底的にクリーニングをしても、悪臭は取りきれないことがあります。無理をしてまで汚れを落とそうとすると、かえって、部品の素材を痛めてしまい、部品の変形や部品本来の役割を果たさなくなる可能性があります。

また、エアコン内部の頭脳部である電装基板周辺に臭いが染み付いた場合も、悪臭は取り除けません。この部分は非常に繊細なため、洗剤の使用や無理な作業はご法度なのです。エアコンの電装基板周辺の汚れはブラシなどで掃き出します。

背面側の熱交換器・ドレンパンに汚れが集中している ― 壁掛形エアコンの場合

壁掛形エアコンの背面側の熱交換器

壁掛形エアコンの背面側の熱交換器

先に当社では、エアコン室内機の中の汚れを大量の水での高圧洗浄で徹底的に除去すると申しました。しかし残念ながら、一部の壁掛形エアコンのある場所に汚れがあると取り除けないことがあります。

壁掛形エアコンのある場所とは、背面側の熱交換器とドレンパンのことです。分かりづらいので少し説明させていただきます。

壁掛形エアコンを横から見ると熱交換器は山の形をしています(先ほどの図「壁掛形エアコンの風の流れ」の②をご参照ください)。山の形をした熱交換器は頂点を境に表面側と背面側とに斜面を形成しています。表面側の熱交換器はフィルターのすぐ後ろにあるアルミフィンを指します。かたや、もう一方の熱交換器は壁側へと下っていきます。これが背面側の熱交換器です。そして、背面側の熱交換器の下には水を受けるドレンパンがあります。

実は、この背面側の熱交換器とドレンパン、機種の形状や設置環境によってはまったく作業ができないことがあります。言い換えれば、背面側の熱交換器の周辺はグレーゾーンなのです。

エアコンのケーシング(カバー)が熱交換器の山の頂点から背面側にかけてなく、かつ、エアコン上部と天井面の間に十分な作業スペースがあれば、背面側の熱交換器の汚れは除去できます。しかし、上部にケーシング(カバー)があるエアコンは結構な割合で存在します。このような状況では作業スペースの問題もあり、まったく汚れを落とせないのです。

背面側の熱交換器とドレンパンに水漏れの原因があるかどうかは、作業前の調査(見積り時・試運転時=運転・動作確認)にて分かることもありますが、多くの場合は作業中・作業後に明らかになります。

お客様が抱える問題に真剣に向き合い、解決に向け全力で取り組みます

家庭用から業務用まで幅広くエアコンクリーニングのご依頼いただきます。エアコンの汚れは本当にさまざまです。100台あれば100種類の汚れの状況です。言い換えれば、100人のお客様がいれば100通りのエアコンの問題を抱えていらっしゃるということです。

当社のエアコンクリーニングは、お客様それぞれのエアコンの問題に真正面から向き合い、問題の解決に向けて全力で取り組みます。

時間が来たからと言って一方的にさっさと作業終了する業者、通り一辺倒の浅い作業内容の業者、目に見える部分だけを作業する手抜きの業者などいろんな業者が多いなか、当社のエアコンクリーニングは一歩も二歩も踏み込んだ内容の濃い作業内容です。

 

 

お問い合わせフォーム

お見積りフォーム

お申し込みフォーム

重要参照ページ

このページは、エアコンの悪臭の原因と解決策についての内容となっています。
そのほかのエアコンのトラブルの原因と解決策については、

を他のページにて用意しておりますのでご参照ください。

また、このページだけではお伝えきれないこともあります。
気になるページがありましたらご参照ください。

Top